4,400円以上の購入で送料無料です
ラゲッジタグ/日本地図の変遷 オルテリウス「東インド図」
ラゲッジタグ/日本地図の変遷 オルテリウス「東インド図」
ラゲッジタグ/日本地図の変遷 オルテリウス「東インド図」
ラゲッジタグ/日本地図の変遷 オルテリウス「東インド図」
ラゲッジタグ/日本地図の変遷 オルテリウス「東インド図」
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, ラゲッジタグ/日本地図の変遷 オルテリウス「東インド図」
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, ラゲッジタグ/日本地図の変遷 オルテリウス「東インド図」
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, ラゲッジタグ/日本地図の変遷 オルテリウス「東インド図」
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, ラゲッジタグ/日本地図の変遷 オルテリウス「東インド図」
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, ラゲッジタグ/日本地図の変遷 オルテリウス「東インド図」

ラゲッジタグ/日本地図の変遷 オルテリウス「東インド図」

通常価格
¥1,650
販売価格
¥1,650
通常価格
売り切れ/入荷待ち
単価
あたり 

大航海時代に西洋で描かれた日本地図の変遷を象徴する、オルテリウス「東インド図」(製作年:1570年)をモチーフにしたラゲッジタグ。ゼンリンミュージアム学芸員「Zキュレーター」による古地図の解説を台紙に掲載しました。

オルテリウス「東インド図」
1570年

|図版解説(ゼンリンミュージアム学芸員監修)
アブラハム・オルテリウスが刊行した世界初の近代地図帳、『世界の舞台』に収録された東アジア周辺の地図です。大きな島“IAPAN”を中心に、南には琉球諸島が北には架空の“Miaco”諸島が連なります。日本の右側には「この島をヴェネツィアのマルコ・ポーロは“Zipangri”と呼ぶ」との解説が添えられています。

[サイズ・仕様]
約横80×縦120mm

[素材]
合成皮革(PUレザー)

x