【和まっぷ】一筆箋 現存天守12城「海・湖に守られた城」
【和まっぷ】一筆箋 現存天守12城「海・湖に守られた城」
【和まっぷ】一筆箋 現存天守12城「海・湖に守られた城」
【和まっぷ】一筆箋 現存天守12城「海・湖に守られた城」
【和まっぷ】一筆箋 現存天守12城「海・湖に守られた城」
【和まっぷ】一筆箋 現存天守12城「海・湖に守られた城」
3点以上で15%OFF対象

【和まっぷ】一筆箋 現存天守12城「海・湖に守られた城」

¥605 税込   通常価格
/

現存天守12城をゼンリンの視点で3つに分類し、海・湖に特徴がある4城を1冊に纏めた一筆箋です。

松江城、彦根城、宇和島城、丸亀城の4城を掲載しています。

◆仕様
綴りは1城につき6枚ずつの計24枚です。罫線下敷きが最後のページに付属しています。文字を書けるスペースは無地で、メモ帳のようにもお使いいただけます。表紙裏には、海・湖の立地の特徴について記載しています。

◆デザイン
ゼンリンが持つ3D地図データをもとに城郭や天守をリアルに再現し、デザインしました。平面地図(2D)を基に高さ情報を加えた立体データと、現地調査データを掛け合わせて制作した正確な立体図(3D)です。天守はもちろん、石垣の積み方や、周りの自然環境、街並みまで細かく表現しています。
表紙には、海・湖を連想させる和柄「青海波」の文様をあしらいました。

●「海・湖に守られた城」
海や湖は、城を防御する大きな役割を果たし、交通の要として機能していました。水路は運搬にかかる時間と労力を節約し、人や物資の運搬に役立ちました。


<掲載の4城>
 ・宍道湖に接する松江城
 ・琵琶湖が交通の要の彦根城
 ・宇和島湾を望む宇和島城
 ・丸亀港で栄えた丸亀城

◆現存天守12城とは

江戸時代以前に建造され、現代まで天守が残っている城を現存天守12城といいます。歴史的文化遺産として「国宝」や「重要文化財」の指定を受けているものもあり、貴重な文化財です。

昭和以降に復元・復興された城は12城には含まれません。

[サイズ・仕様]
横82mm×縦170mm(縦長)

[素材]
表紙:ヴァンヌーボVG
中身:上質紙